本文へ移動

保険医会とは

保険医会の活動

北海道保険医会をご存知ですか?
 
 「医療に関する情報がもっと欲しい」「保険点数や個別指導などについて問い合わせたい」「医院経営などについて相談にのってくれる所を探している」「生命保険や休業した時の保障を見直したい」など困ったことはありませんか?
私たち北海道保険医会では『困った時に頼りになる保険医会』として、保険医の診療と将来を支える多彩な活動・共済制度を行っています。

ぜひご利用ください(会員向けサービス)

頼りになる「保険診療対策」

 保険診療対策として、2年に1度の新点数検討会をはじめ、「保険診療便覧」「審査、指導、監査対策」などの出版物も会員限定で斡旋しています。また、お電話やFAX、メールで保険請求などについて、お問合せいただく窓口も設置しており、丁寧で詳しい解説を専門の事務局が行っています。

多彩なイベント

 医院経営をテーマにしたセミナーや、スタッフの育成を目的とした研修会、一般市民の方も参加できる公開講座などを開催しています。
 また、会員と家族、従業員の親睦を図るため、ボウリング大会、ゴルフコンペ、親子一泊キャンプ旅行、美術館めぐりなどのスポーツ・文化行事も開催しています。

日本最大規模の医師向け共済

 北海道保険医会では、医師のライフスタイルにあわせた独自の共済制度をご提供しています。万一の死亡に備える、高額保障と安い保険料の「グループ保険(団体定期保険)」や代診を置いても給付が受けられる「休業保障制度」、複数の国内大手生命保険会社の運用による、リスクの分散と自在性が特徴の「保険医年金」などを会員に提供しています。

豊富な医療情報

 月2回発行の北海道保険医新聞、全国保険医新聞、ホームページ等を通じて医療情勢、医療保険、請求問題など、診療と医院経営に役立つ記事をより早く、より分かりやすくお伝えします。
 会員からの声を保険医の要求としてまとめ、国会・議員に対して診療報酬・審査指導改善などの要望・要請活動を行っています。
TOPへ戻る