本文へ移動
道民にとって
医師・歯科医師にとって
より良い医療を目指して
入会パンフレットはこちらから

活動紹介

医師の働き方解説などを解説 岩見沢支部研修会
2019-11-05
カテゴリ:活動紹介
空知地区歯科地域懇談会 改定に向け
 岩見沢支部(石塚竜哉支部長)は10月10日、本会理事を講師に迎え、研修会を開催した。
 
 研修会では「『医師の働き方改革』をめぐる議論」をテーマに、医療従事者の需給問題、医師の時間外労働規制問題など、医師の労働環境にまつわる諸問題を解説した。これまで問題視されてきた「宿日直許可」の条件や「研鑽」について、国が一定程度の基準を示したことなどを説明したほか、2024年に向けた医療提供体制の構築は「医師の働き方改革」だけでなく、「地域医療構想」「医師偏在対策」とあわせて三位一体で議論されるため、今後の議論に注意が必要とした。
 
 後半は「在宅医療における保険診療上の留意点」と題して、在宅医療のポイントを解説。とくに混乱しやすい項目として往診と訪問診療を挙げ、同一日に併算定できる点数や算定できない事例を紹介した。算定頻度の多い在宅療養指導管理料についても触れ、対象患者・疾患の違いを説明した。また、在宅医療が介護保険と密接にかかわっていることから、医療保険よりも介護保険が優先される点数や受給資格の確認などは注意が必要とした。
TOPへ戻る