本文へ移動

活動紹介

道産ワインの魅力や芸術を満喫 日帰りバスツアー
2019-10-07
カテゴリ:活動紹介
NEW
9月8日、日帰りバスツアーを開催し、22医療機関、40名が参加した。
 
前回に引き続き、ワインクラスター北海道代表でシニアソムリエでもある阿部眞久氏にガイドをお願いし、岩見沢・富良野方面にあるワイナリーと美術館を巡った。
 
はじめに、岩見沢にある「宝水ワイナリー」を見学。壮大なワイン畑を望みながら、代表の倉内武美氏より施設の説明を聞き、自慢のワインを試飲した。その後、富良野に移動し、昼食は「新富良野プリンスホテル」にて道産食材にこだわったバイキング料理を楽しんだ。
 
午後からは「富良野ワイン工場」にむかい、一般の見学者は入ることができない貯蔵所内で、高橋克幸製造課長より富良野ワインの特徴や魅力について説明を受けた。またソムリエが厳選したワインの試飲も行い、帰りには沢山のお土産のワインを抱える参加者もいた。
 
次に、旧奈江小学校の校舎を再利用して風景画を展示している「北海道風景画館」に移動し、画家の奥田修一氏の解説を聞きながら作品を鑑賞した。
 
最後に「後藤純男美術館」を見学。7mにもおよぶ「十勝岳連邦」や9mの金屏風を用いた「桜花浄苑雙図」など、見るものを圧倒する大作の数々に参加者は時間を忘れて見入っていた。帰る途中には、「フラノマルシェ」にも立ち寄り、買い物を楽しんだ。
 
参加者からは「点在する施設を効率よく見学できて良かった」「大変充実したツアーだった。来年もまた参加したい」など、大変好評だった。
TOPへ戻る