本文へ移動

活動紹介

歯科施設基準等について意見交換 札幌歯科医師会と懇談
2018-12-20
カテゴリ:活動紹介
 12月6日、札幌歯科医師会(以下、札歯)と懇談会を開催し、札歯から山田尚会長以下役員6人、本会から野川哲義副会長以下歯科部役員6人が参加した。

 冒頭、山田札歯会長から「後期高齢者歯科健診で健診に対する意識も高まってきている。歯科衛生士、歯科技工士確保の問題も併せ意見交換したい」との挨拶があった。
 
 本会からは野川副会長が「口腔内の健康が全身の健康につながると広く知られるようになったが、歯科医療情勢は厳しく様
々な問題点を抱えており、共通の認識を高めたい」
と述べた。

 懇談では、本会の田辺理事が歯科施設基準に係る問題点を説明し、次期改定に向け現場の声を反映させるため協力を仰いだ。さらに戸倉理事は、今次改定の施設基準に関わる歯科衛生士の就業の地域格差について説明した。続いて、札歯から歯科衛生士リカバリー事業について説明があり、歯科衛生士の人材確保、地
域包括ケアについて意見交換が行われた。

 最後に両会は、歯科医療改善に向け今後も情報・意見交換の場を設け協力していくことを確認し会を終了した。
TOPへ戻る